賃貸住宅と持ち家を比較した場合の賃貸住宅の利便性について

日本人は持ち家志向が強いといわれています。ただ、親の住んでいた住宅を相続した場合などを除き、持ち家を手に入れるためには、ほとんどが住宅ローンを組まなければなりません。世の中の景気がよくて年収が安定しているうちは住宅ローンの支払いに窮することもないわけですが、ひとたび不景気で会社の経営や事業の運営がうまくいかなくなると、途端に住宅ローンの支払いが重荷になってきます。そして、最悪の場合はせっかく手に入れたマイホームも住宅ローンが払えず、手放さなければならなくなったという例も珍しくありません。それに対して、賃貸住宅の場合は、自分の所有物ではないので、生活するうえでの不都合なことがあれば、所有者や管理会社に訴えでればいいわけですし、不景気で減収になれば、収入に見合った家賃の住宅に引っ越せばいいので、その時々のライフスタイルに合った住宅を選択することができるという利点があります。持ち家は古くなれば補修や修繕に費用がかかりますが、賃貸の場合は古くなったら新しいところに引っ越せばいいので、その点でも気楽です。

無料競馬情報

ポスティング

白髪染め

家系図 作成